院長あいさつ

院長

当院の前身は、昭和37年に3つの結核療養所を統合して発足した結核専門の医療機関です。そのような背景をもっていますので、当院が立地している場所は、玄海灘まで徒歩10分圏内で、病院の屋上からは、緑の松林とその向こうに広がる青い海のみえる、風光明媚な環境に位置しています。

結核療養所からスタートした当院は、医療環境の変化に合わせて、「慢性疾患の高度専門病院」にかじを取り、その後、「急性期型病院」へと変貌してきました。

現在は一般病床379床、結核病床38床、重度心身障害児(者)病床120床、感染症病床12床を有し、全職員数は814名で、医師数は118名(常勤104、非常勤14)。

救命救急センター、災害拠点病院、地域支援病院、地域がん診療拠点病院、第1種・2種感染症指定医療機関等の指定をうけ、急性期医療と、セーフティーネット医療(結核・重心)、さらに、特殊感染症やがん診療、災害診療にも対応できる、多様な機能をもった病院として発展してきました。

建屋も平成20年に一般病棟、平成24年に重心病棟をそれぞれ新築し、平成26年に救命救急センターを開棟、平成26年に結核・感染症病棟を新築、平成28年に外来管理棟を新築し、上記の病院機能をこなすことのできる器も整備してまいりました。

これからは、これらの資産を有効活用し、地域に貢献していくことが当院の使命と認識しています。職員一同、患者さんに安心感を持っていただける病院となることを目指して、粉骨砕身努力していく所存です。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

令和2年4月吉日

福岡東医療センター 院長
     中根 博

 

病院の理念

病院の基本理念

「当たり前のことを実践し、地域に信頼される病院」
 

病院の運営方針

  • 1. 全ての思いを汲み全ての力を結集し、安全で安心な医療を提供します。
  • 2. 地域に開かれ、地域に根ざした病院を目指します。
  • 3. 職員が一体となり健全な病院経営に努めます。

 

病院概要

指定医療機関等

  • • 第一種・第二種感染症指定医療機関
  • • 三次救急医療機関(地域救命救急センター)
  • • 地域がん診療連携拠点病院
  • • 地域医療支援病院
  • • 福岡県災害拠点病院
  • • 福岡県DMAT指定医療機関
  • • 厚生労働省指定臨床研修病院

沿革

昭和37年1月
国立福岡療養所、国立療養所清光園、国立療養所福寿園の3施設を統合し、国立療養所福岡東病院として発足
平成11年11月
救急病院として告示
平成15年12月
福岡県地域がん診療連携拠点病院指定
平成16年4月
国立病院療養所の独立行政法人化に伴い、『独立行政法人 国立病院機構福岡東医療センター』へ施設名称が変更
平成18年11月
粕屋北部在宅医療ネットワーク開始
平成19年4月
地域医療支援病院承認
平成21年4月
宗像・粕屋北部小児救急医療体制開始
平成21年12月
福岡県災害拠点病院に指定
平成26年7月
救命救急センター指定(福岡県知事)
平成26年7月
第一種感染症・第二種感染症指定医療機関指定(福岡県知事)
平成28年5月
外来管理診療棟開棟

病床数

549床(一般379床、結核38床、感染症12床、重症心身障害120床)

医師数

常勤84名、非常勤8名、研修医11名(2017年4月1日現在)

標榜診療科

内科、糖尿病・内分泌内科、血液・腫瘍内科、脳・血管内科、腎臓内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器・肝臓内科、循環器内科、感染症内科、小児科、神経小児科、外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、リハビリテーション科、放射線科、救急科、アレルギー科、歯科口腔外科、麻酔科、病理診断科、血管外科、婦人科、肝臓外科、心療内科、緩和ケア内科

学会認定研修施設等 一覧

日本呼吸器学会、日本胸部外科学会、日本外科学会、日本神経学会、日本消化器外科学会、日本整形外科学会、日本乳癌学会、日本麻酔学会、日本アレルギー学会、日本病理学会、日本内科学会、日本肝臓学会、日本脳卒中学会、日本循環器学会、日本糖尿病学会、日本小児科学会、日本腎臓学会、臨床研修指定病院、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本医学放射線学会、日本感染症学会、日本皮膚科学会、日本心血管インターベーション学会、日本心血管インターベーション治療学会、日本救急医学会、日本消化管学会、日本呼吸器内視鏡学会、呼吸器外科専門医合同委員会