院長あいさつ

院長

平成30年も集中豪雨、記録的猛暑の異常気象や地震等に因る多くの“自然災害”が発生しました。福岡東医療センターも災害拠点病院としてDMAT、JMATの被災地支援活動に係わりました。被災された皆さまにお見舞いを申し上げると同時に、一日も早い復興再建をお祈りいたします。

さて医療・介護の分野では地域医療構想と地域包括ケアシステムの構築が重要な課題ですが、ダイナミックに捉えるなら今は“医療の一大変革期”といえます。

人口構成の変化に伴い医療と介護が必要な高齢者が増加してきたことで医療・介護の連携強化と提供体制の見直しが迫られています。国民皆保険を賄う財政基盤は悪化する一方、ロボット手術等の高度先進医療技術や効果的な高額医薬品の普及など治療法も様変わりしています。

現場では医療従事者の勤務時間が問題視された “働き方改革”、専門細分化して進歩した診療レベルに抗うように多くの併存疾患を持つ高齢患者、必要とされる医療の安全と質、そして膨大なデータを処理し有効活用するための情報通信技術など、これまで経験したことがない新しい時代を迎えています。

救命救急センターや1種感染症指定医療施設である感染症センターを備えた福岡東医療センターが地域に貢献できる病院としてこの大変革に対応していくことは必然と考えます。対応の基本は、関係者が状況を理解し、病院目標を実践すること、時には各自が変わろうと意識して互いに協力することです。

福岡東の病院理念は『当たり前のことを実践し、地域に信頼される病院を目指す』です。平成30年度の目標は、「救急医療の強化に加え、がん診療と重症心身障害にも積極的に取り組み、良質な医療を提供する」としました。未だ道半ばですが、職員の皆さんの協力により病院実績は前年度より幾分改善傾向にあります。

福岡東医療センターは、地域の皆さんが安心して生活できるよう地域の医療機関、行政と連携協力し、この変革期を職員一丸で取り組んでいきますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

平成31年1月吉日

福岡東医療センター 院長
     江崎 卓弘

 

病院の理念

病院の基本理念

「当たり前のことを実践し、地域に信頼される病院」
 

病院の運営方針

  • 1. 全ての思いを汲み全ての力を結集し、安全で安心な医療を提供します。
  • 2. 地域に開かれ、地域に根ざした病院を目指します。
  • 3. 職員が一体となり健全な病院経営に努めます。

 

病院概要

指定医療機関等

  • • 第一種・第二種感染症指定医療機関
  • • 三次救急医療機関(地域救命救急センター)
  • • 地域がん診療連携拠点病院
  • • 地域医療支援病院
  • • 福岡県災害拠点病院
  • • 福岡県DMAT指定医療機関
  • • 厚生労働省指定臨床研修病院

沿革

昭和37年1月
国立福岡療養所、国立療養所清光園、国立療養所福寿園の3施設を統合し、国立療養所福岡東病院として発足
平成11年11月
救急病院として告示
平成15年12月
福岡県地域がん診療連携拠点病院指定
平成16年4月
国立病院療養所の独立行政法人化に伴い、『独立行政法人 国立病院機構福岡東医療センター』へ施設名称が変更
平成18年11月
粕屋北部在宅医療ネットワーク開始
平成19年4月
地域医療支援病院承認
平成21年4月
宗像・粕屋北部小児救急医療体制開始
平成21年12月
福岡県災害拠点病院に指定
平成26年7月
救命救急センター指定(福岡県知事)
平成26年7月
第一種感染症・第二種感染症指定医療機関指定(福岡県知事)
平成28年5月
外来管理診療棟開棟

病床数

591床(一般421床、結核38床、感染症12床、重症心身障害120床)

医師数

常勤84名、非常勤8名、研修医11名 (平成29年4月1日 現在)

標榜診療科

内科、糖尿病・内分泌内科、血液・腫瘍内科、脳・血管内科、腎臓内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器・肝臓内科、循環器内科、感染症内科、小児科、神経小児科、外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、リハビリテーション科、放射線科、救急科、アレルギー科、歯科口腔外科、麻酔科、病理診断科、血管外科、婦人科、肝臓外科

学会認定研修施設等 一覧

日本呼吸器学会、日本胸部外科学会、日本外科学会、日本神経学会、日本消化器外科学会、日本整形外科学会、日本乳癌学会、日本麻酔学会、日本アレルギー学会、日本病理学会、日本内科学会、日本肝臓学会、日本脳卒中学会、日本循環器学会、日本糖尿病学会、日本小児科学会、日本腎臓学会、臨床研修指定病院、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本医学放射線学会、日本感染症学会、日本皮膚科学会、日本心血管インターベーション学会、日本心血管インターベーション治療学会、日本救急医学会、日本消化管学会、日本呼吸器内視鏡学会、呼吸器外科専門医合同委員会