新型コロナウイルス感染症対策

当院は、福岡県で唯一の第1種感染症指定医療機関であり、陰圧室を整備した感染症病棟が整備されております。 また、国立病院機構の特色ともいえる結核病棟も感染症用に陰圧制御されており、これらの二つの特殊な病棟を利用して新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診療を行っております。

新型コロナウイルス感染症の患者さんはこれらの専用施設で診療を行っており、外来・入院ともに一般の患者さんと院内で接触することはありません。 院内の感染症対策も教育された専用のスタッフを配置し、万全の体制で診療しております。

一般病棟での診療に対しても、感染症のプロフェッショナルな医療機関として、以下のように万全の対策を講じております。
一般の患者の皆様におかれましては、安心してご来院されてください。(診療体制も通常診療に戻しておりますので従来通り対応いたします)

県内で新型コロナウイルス感染症がくすぶっておりますので、面会時間等でしばらくご迷惑をおかけするかと存じますが、すべての皆様の安全・安心を考慮した対応ですので何卒ご了承ください。

当院での取り組み

1病棟面会制限

面会制限は、感染拡大状況に応じ、強化または緩和する場合があります。

病棟面会制限

2外来での取り組み

徹底した健康チェック

  • 正面玄関にて、看護師が来院するすべての方の発熱、健康状態をチェックしています。
  • 納品等を行う外部業者の健康チェックを徹底し、許可証を発行した業者のみ院内へ入ることを許可しています。
  • サーモグラフィを利用した発熱者のチェックを行っています。

徹底した健康チェック

3密を回避するための取り組み

  • 待合での密集を避けるため、来院時間の調整をお願いしています。
    守ろう 時間とお互いの距離
  • 待合の椅子には、間隔を空けて座ってもらうようお願いしています。
  • 換気を十分に行うため、常時窓を開放しています。
  • 飛沫感染防止のため、各受付へ透明なシートを設置しています。
  • 来院する方へ、マスクの着用をお願いしています。

3密を回避するための取り組み

感染症専門外来を利用した感染疑い患者さんの隔離の徹底

  • 感染患者さん、感染疑いの患者さんは、一般の方が出入りする外来棟から隔離された専門外来にて診療を行っています。
  • 健康チェックの結果発熱等のある方は、感染症専門の看護師が問診を行い、必要があれば専門の外来へ誘導しています。

感染症専門外来を利用した感染疑い患者さんの隔離の徹底

3徹底した職員の健康管理

  • 毎日、勤務前に職員の健康チェックを実施しています。
  • 発熱等ある場合には職場長へ報告し、感染症の拡大防止のため徹底して管理しています。

4正面玄関等病院出入り口の開錠時間について

  • 来院する方の健康チェックを徹底するため、院内への出入り口が一カ所になるよう開錠時間を調整しています。
正面玄関
(開)  7 :30 ~ 17:00
時間外入口
(開) 17:00 ~  7 :30

感染拡大状況に応じ、変更する場合があります。

5術前PCRスクリーニング検査

  • 当院では、手術や検査をされる方のCOVID-19感染に対する安全を確保するため、さらに医療従事者の感染の暴露を防ぐために、患者さんの同意のもとに手術前や検査前のCOVID-19の検査を行っています。

上記のような取り組みや診療体制を維持できておりますのも、医療物資、飲食物などのご支援・ご寄付をいただいた多くの皆様のおかげです。 この場をお借りして厚く御礼申し上げます。