臨床研究部

臨床研究部について

臨床研究部の概況

1. 設置年度:1992年10月

2. 組織:部員数(専任1名、併任6名) 2022年4月現在

役職 氏名 区分 備考
臨床研究部長 黒岩 三佳 専任 血液・腫瘍内科部長
病態生理研究室長 吉見 通洋 併任 呼吸器科部長
病理研究室長 瀧澤 克実 併任 病理診断科医長
臨床薬理研究室長 内山 秀昭 併任 外科部長
疫学研究室長 黒田 淳也 併任 脳神経内科部長
生化学研究室長 中村 和彦 併任 消化器内科センター長

3. 専有面積:118.57m2

施設の機能付与及び特徴

政策医療ネットワークに関して当院は呼吸器疾患の基幹施設、また、重心、循環器、内分泌代謝疾患の専門施設として位置付けられています。

呼吸器は気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患、慢性呼吸不全に対する診療や研究、多剤耐性結核を含む結核の専門的治療、肺癌に対する内科、外科、放射線科などの協力による集学的治療などに特徴があります。重心は従来から重症心身障害児(者)施設の拠点病院の一つとして長期的ケアに取り組んでいます。

循環器は脳循環と心血管から成っており、前者は脳卒中に関する急性期治療からリハビリテーションまでをカバーし、後者は急性心筋梗塞など救急にも力を注ぎながら、互いに連動した取り組みも展開しています。内分泌代謝は従来の糖尿病研究に加えて、甲状腺疾患など内分泌疾患研究にも充実を目指しています。

2020年度業績

研究活動および公的研究費の適切な取り扱いについて

臨床研究に関する情報公開について(オプトアウト)

通常、臨床研究は文書もしくは口頭で説明を行い、患者さんからの同意(インフォームド・コンセント)を得て行われます。これを「オプトイン」といいます。

臨床研究のうち、診療データ等の情報や余った検体のみを用いる研究については、国が定めた倫理指針に基づき、対象となる患者さんから直接同意を受けない場合があります。この場合は、あらかじめ研究内容の詳細をWeb サイトにて公開し、患者さんが拒否できる機会を設けており、このような手法を「オプトアウト」といいます。

オプトアウトを用いた研究は下記をご覧ください。

研究のために自分のデータが使用されることを望まれない方は、各研究の担当者までお知らせください。