救急科のご案内

メンバー紹介

センター部長安田 光宏

副部長八木 健司

診療看護師 前川 志帆

非常勤医師 平湯 恒久、久住 龍介(久留米大学より)

当科の特徴・取り扱い疾患

心肺停止、重症多発外傷、急性心筋梗塞、脳卒中、呼吸不全、急性腹症等の急性疾患
※複数診療科にまたがる重篤な病態は当院が入院まで担当しています。

2019年救急搬送患者データ

救急搬送件数:3,506件 内入院:2,052件(58.5%)
入院患者:2,052件の内訳
内科系:1,106件(脳内:266件、呼吸器:238件、循環器内:213件、消化器内:204件、感染症内科:59件、他126件)
外科系:460件(脳外:97件、呼吸器外:53件、消化器外:48件、整形外科:241件、他21件)
小児科:144件、救急科:342件

地域の先生方へ

当センターは救急科と全診療科との協力体制の下に運営されています。夜間は当直医5名体制で、地域の皆様への救急医療を提供しております。

 

診療について

救命救急センター

福岡東医療センターは粕屋北部地域における二次救急医療施設で、1999年に救急告示病院として認定されました。地域住民の皆さまが安心して過ごせるよう24時間365日救急医療を提供します。

救急部は当院の中央部門として院内全科との協力体制の下、日中は全科対応、夜間は当直医5名体制(内科系・外科系・小児科(日曜と祭日は日直のみ)・集中治療・脳卒中各々の当直医が対応)で救急患者さんの治療に取り組みます。

夜間の必要時は専門医の呼び出しを行い、地域の皆さまへの安心・安全な医療を提供します。救急隊からのホットライン(搬入要請電話)には医師が直接対応し、直ちに救急車の受け入れを行います。

対象疾患

心肺停止・脳卒中・急性心筋梗塞・急性腹症・外傷などの緊急を要する疾病・傷病に対応します。(一部対応できない疾患等の場合は初期治療のみ行い専門施設への紹介も行います)

救急外来を受診される患者さんへ

救急外来の特殊性をご理解いただき、ご協力をお願いします。

▸重症患者さんを最優先して診察します

外来受診される患者様の病状を医師または看護師が評価し、緊急性があると判断した患者さんは受付順にかかわらず優先的に診察します。重症患者さんの診察や処置で時間を要する場合は、かなりの時間お待ちいただくことがあります。

▸救急外来は当直医による診察です

救急外来は当直医による診察となり、診察までに時間を要することがあります。また、検査や処置も緊急に可能なものに限らせていただきます。

▸入院や検査の要否は医師により判断します

入院や検査の必要性は医師の判断により決定させていただきます。病状によっては他院を紹介させていただくこともあります。

▸再度、各科の外来受診をしていただきます

救急外来を受診された患者さんは、原則として次の診療日に各専門科外来を受診していただきます。よって投薬期間は次の診察日までとなり、定期処方は出来ません。また、夜間・休日は診断書を発行できません。

救急外来診療を円滑におこなうため、下記に該当する患者様の診察はお断りする場合があります。
  • 1. 暴力行為をする方(直ちに警察へ通報します)
  • 2. 大声を出すなど、他の患者様が不快に感じる行為をする方
  • 3. その他、診察に支障をきたす行為をする方

 

スタッフと専門領域

安田 光宏

救命救急センター部長

専門分野
救急医学
取得資格
日本救急医学会 救急科専門医
日本外科学会 外科専門医
日本DMAT隊員(統括)
所属学会
日本救急医学会、日本外科学会

八木 健司

救命救急センター副部長

所属学会
日本救急医学会、日本高気圧環境潜水医学会、日本外科学会、日本外傷学会