診療について

皮膚科では、皮膚の症状に関する診療全般を行い、患者さんに安心していただけるように最新最良の治療を提供します。皮膚の症状には、皮膚に限られた異常、他臓器疾患と関連した異常(他臓器の異常に由来した皮膚疾患、他臓器疾患を引き起こす皮膚の異常)があります。

このように多様性に富んだ皮膚科疾患を種々の方法を用い、必要に応じて他科と連携しながら治療しています。総合病院皮膚科としての入院診療、急性期病院皮膚科としての救急診療も積極的に行っております。また。患者さんや家族の方の思いを充分に配慮した人間性あふれる診療を目指しています。

 

診療案内

▸外来診療

月曜日から金曜日まで毎日、初診と再来の診察を行なっています。初診の方は紹介状をお持ち下さい。

▸手術

月曜日の午後は中央手術室で、その他の曜日の午後は外来で、手術をしております。

▸紫外線療法

ターゲット型ナローバンドUVB照射器(VTRAC)とキャビン型全身紫外線照射装置(Waldmann UV 7001K)を整備しています。

▸入院

入院治療が必要な場合は、早急に受け入れて治療しています。

 

対象疾患

1. 日常診療でよくみられる皮膚疾患

蕁麻疹、湿疹、白癬、ざ瘡、疣贅、褥瘡、ヘルペス、丹毒、蜂窩織炎、疥癬、梅毒、皮膚潰瘍など

2. 救急な対応が必要である皮膚疾患

熱傷、重症薬疹など

3. 皮膚科特有の慢性皮膚疾患

乾癬、アトピー性皮膚炎、水疱症など

4. 内科疾患に伴う皮膚病変

皮膚筋炎、全身性エリテマトーデス、アナフィラクトイド紫斑、コレステロール塞栓症など

5. 皮膚腫瘍

悪性腫瘍、良性腫瘍など

 

診療の特長

  1. 1. 種々の皮膚疾患に対して、分りやすい説明と標準的な治療を念頭に診療しております。また、時間がかかる、人手が必要な処置(熱傷処置、創傷処置、軟膏処置、褥瘡処置など)、手術も外来や入院で可能な限り行えるようにしています。
  2. 2. 腎不全、糖尿病、肝疾患、心疾患、脳血管疾患などを有する患者さんの皮膚疾患、また種々の小児の皮膚疾患などに対しては、各科と密に連携して総合的な診療をしています。入院治療の場合はさらに協力体制を強化し、患者さんが安心して頂けるようにしています。
  3. 3. 皮膚科クリニックと大学病院皮膚科との中間的な立場で、小回りの利く総合病院皮膚科として患者さんに役立つ診療を目指しています。さらに高度な治療が必要な場合は九州大学病院皮膚科との協力体制も確立しています。
  4. 4. 救急医療において皮膚科的援助が必要な場合、最大限優先的な協力を行っています。
  5. 5. 福岡市と北九州市の間の地域で、皮膚疾患の入院診療ができる唯一の病院として、地域の患者さんから信頼される診療を行っています。

 

外来担当医表

皮膚科

 

スタッフと専門領域

古賀 哲也

皮膚科部長

専門分野
皮膚科一般、皮膚感染症、皮膚アレルギー
取得資格
日本皮膚科学会専門医
所属学会
日本皮膚科学会、日本臨床皮膚科医会

横手 銀珠

皮膚科医師

専門分野
皮膚科一般
所属学会
日本皮膚科学会